電子定款 認証、定款作成、株式会社設立 代行、合同会社の電子定款作成 なら電子定款認証・会社設立代行.net

電子定款認証・会社設立代行.net
電子定款 認証・会社設立代行.netは 無料相談受付中。
お気軽にご相談ください。

メールマガジン配信中

トップページ>会社設立時の定款作成・認証
会社設立時の定款作成・認証

会社設立に関する手続として、まず最初に定款作成・認証の手続をする必要があります。

そして会社設立時の定款は、原則としては発起人全員によって作成され、署名・捺印して、公証人の認証を受けることが義務づけられています。

会社設立時の定款認証に必要な手続

会社の基本事項の決定 
会社名、事業内容、会社の本店所在地などの定款に盛り込む事項を決定。
定款作成
上記の内容を盛り込んだ定款を作成。
公証役場で認証を受ける
認証が終わると、正式な定款になります。

公証役場での認証を電子定款で行うとコストが4万円安くなる。

公証役場での定款認証の手続の際に、通常の紙で行う定款認証ではなく電子認証という手続で行うと、通常の紙を用いて行う定款認証で必要な印紙代の4万円を無くすことができます。詳しくはこちら→電子定款とは?

会社設立をご自分で行う方も、当サイトの電子定款認証代行サービスを活用したほうがオトクです。

会社設立をご自分で行う場合でも、定款認証に関しては当サイトの電子定款認証サービスをご利用下さい。

電子定款認証手続代行サービスをご利用いただくと、サービスの報酬は頂くことになりますが、定款作成の専門家が手続きを行い印紙税4万円が不要になるので、結果的にご自身で全て会社設立を行う場合に比べて設立費用のコストダウンが可能となります。

Copyright(C)article center.net All rights reserved